僕らの借入体験談

僕らの借入体験談

借金をした後は、どうしてあの時自分は借金なんてしちゃったんだろう?

 

 

 

そう思いますよね?

 

 

 

でも、借りる時はどうしても必要だったはずなんです。

 

 

 

だから今回は、お金を借りた時の体験談をみんなで見てみたいと思います。

 

中国銀行カードローンをりようしました。

 

 

 

職業はポスティング仲介業者、年収は200万円台半ば、最大の借入額は約45万で現在の借入額は約35万円
3. 借入を行おうとした理由と借入を行うまで
以前働いていた会社が経営が厳しくなり給与が大幅にカットされて以前貰っていた金額から30%位カットされたうえにボーナスが元々抑えられていたので収入が一気に減った。でこの時実家がやっていた飲食店が傾きかけていて毎月の赤字の穴埋めすらまともにできない状態になっていたので、私が実家に生活費の足しにとお金を送っていたのだが、結局実家の飲食店は閉めざるをえなくなり次の仕事を始めるまで少ない貯金の切り崩しと私からの仕送りで生活をすることになったのだが、私も給与が大幅にカットされていたので段々自分の生活がキツくなってきた。ただ独り息子だったので他に頼れないし、無理と音をあげたくなかったので実家には内緒でお金を借りて借りたお金を自分の生活費に廻すことにした。実家にお金を借りているのがバレないようにするにはどうしようと考えて最初は銀行のカードローンよりも消費者金融でお金を借りた方がバレてしまう可能性が低いと考えた。それでどこの消費者金融で借りようか色々調べてプロミスから借りるのが一番安心安全だと思ってプロミスからお金を借りた。初めての借入で限度額は多少抑え目にしてもらって借入限度額は30万に設定してもらった

 

 

 

プロミスから借入をしていたのだが結局限度額ギリギリまで借りてしまい一度は限度額を引き上げしてもらいなんとかなったが、それも限界でこれ以上となれば収入証明が必要で相当無理な返済なのがバレてしまいそうな状況だったので別の所から新規に借入をすることに決めました。ただ複数の消費者金融から借入をすることに抵抗があったので銀行のカードローンにする事だけは決めて地元の中国銀行のカードローンにした。中銀のカードローンは限度額は最低が50万円に設定されていたのでプロミスから借りていた分を引き出してプロミスからの借入を全額返すことにした。中国銀行の中でカードローン契約が出来る店舗は限られているので手続きする事が出来る店舗に行き契約をした。50万円に限度額を設定すると収入証明が不要なんで身分証明書と新規に返済用の銀行口座を作る必要があったので実印を持参して店に行きました。手続き自体はすぐに終わりましたが返済用の口座を作るのは通常銀行口座を作る時と同様の手順を踏む必要があるのでそちらにかかった時間の方が長かった。カードを発行してもらったら直後から利用することが可能となったのですぐにお金を引き出してプロミスのATMに移動し返済した

 

 

中国銀行カードローンは銀行口座からの自動引き落としが毎月一回あり、それが確認されて返済した扱いになって別に返済したのは毎月一回の返済にはならないと契約書には書かれてあるのだが、すっかり忘れていて銀行とトラブルになった事がありました。ある日お金を借りようとしたらカードが使えなくて引き出しが出来なくてムカつきながら帰宅したら家に前日に届いていた催促状がありました。そこには入金がないからカード利用停止にします。とありましたが私はその数日前に必要分を入金していたので返済した認識でいたので銀行にクレーム入れたら説明され逆に私が間違っていたのが分かりました。私は急いでお金を工面して翌日朝一に入金と処理をしてもらいなんとか難は逃れましたが、ちゃんと書類の確認はしないとな痛感しました。後消費者金融だと利息はある程度想定が借入金額から出来るかと思いますが、銀行のカードローンだと毎月の利息額が場合によっては数百円単位で違って来ます。中国銀行カードローンの場合は毎月の返済額は1万円と決まっていますが半分は利息に取られてしまうので通常の返済と別に返さない限り実際の返済額は5000円前後になってしまうので注意しないとダメです

 

アコムのカードローン

 

フリーターでありながらも、子供二人を抱えた女性と結婚しましたが、仕事の割り振りなどでトラブルが発生し、就業を止めることになりました。妻が派遣社員をしていたため、自分も遅まきながら派遣社員として勤めることに決めました。けれども、なかなか就業先が見つからず、日々の生活費に困るようになりました。そこでカードローンを利用することにしました。銀行のような金融機関であれば、審査が厳しいと思い、消費者金融のカードローン利用をすることにしました。

 

お金を借りる身でありながら、できるだけ安定した企業が良いと思いました。消費者金融でも大手に安心感があり、CMなども見ていたため、親近感もありました。そこでアコムが第一であると思いました。さらに、わたしの場合、自宅近所にアコムのDVDレンタル店がありました。日頃から通い、アコムという名前に慣れ親しんでもいました。しかも、通っていたDVDレンタル店のすぐ近くに、無人契約機もあったため、わざわざ遠くに行くことなく、カードを作れると思いました。

 

アコムは大手の消費者金融だけあり、どこででも利用できるイメージがあります。地方では分かりませんが、少なくとも首都近郊であれば、お金の出し入れに困ることはないでしょう。わたしの経験では、店舗はもちろん、無人契約のみのところでもATMがあり、そこで引き出した経験があります。また、コンビにであれば、24時間利用でき、飲み会の帰りでお金がなくなり、コンビニATMで引き出した記憶があります。現在ではネットでもお金の出し入れができるため、以前よりは利便性が大いに高まっていると思います。

 

 

プロミス

 

FXにはまってしまい、当初は利益が出ていたが、あるときすべての利益を吹き飛ばしてしまい、原資を回復させようと頑張っていたが減るばかりでなかなか原資が回復せず焦るようになり、毎月の給料をつぎ込んでいましたが、そのうち毎月の給料でもお金が足りなくなってしまい、当初はボーナス月のみ多めに入金したりして取引をしていたが徐々にお金を借りてでもFXをやりたいと思うようになり、借金をしてFXをやるようになりました。

 

当時、プロミスでは一か月利息無料キャンペーンをやっていました。
当初借りたお金が30万円でしたので、月の利息が4千円ほどになります。お金をかりるというのに変な話ではありますが、4千円の利息がもったいないと思ったんですね。
なので、プロミスに決めました。
そのほかにもレイクかどこかが一週間以内に返済すれば利息0キャンペーンをやっていましたが、FXの場合出金まで3〜4営業日かかることもあり一か月利息無料のプロミスで借りました。

 

返済は毎月滞りなく行っていたため、特に問題はありませんでした。
月々の返済額が厳しい時も早めに相談すれば対応してくれましたし、増額しての返済も受け付けてもらえたのでカードローンはドラマや漫画で見る借金の取り立てのように厳しいものだと思ってましたが、そこまでではないんだな、と思いました。
最終的に元本50万まで枠をいただきマックスまで借りましたが、元本50万ともなると利息が年間で9万円近くにもなり毎月1万5千円ずつの返済ではなかなか元本が減らず気が遠くなったことを覚えているので返済を終えた今はもう借りることはないと思います。

 

誰しもが借入に不安を持っている。

 

ほんとうに自分は借りられるのか?審査に通るのか?

 

審査について不安があるなら審査について知ればいい。そのためには次のサイトが参考になることでしょう。

 

カードローン審査NAVI

ホーム RSS購読