貯蓄0だったのでプロミスで借入をしました!

・申し込み時の職業はサービス業本社勤務 営業、企画でした。

・当時の年収は約430万円、現在は転職し、年収は約400万円です。

・現在は返済中で、残高約40万円です。

 

・借入は、普段生活費で貯蓄がほぼ0でした。

 

・当時の会社はボーナス支給がありましたが、事故やケガ、病気が重なり、基本的な収入と支出のバランスがさらにくずれていました。

 

・年齢的に、周りが結婚ラッシュとなったとき、いわゆる、「ご祝儀貧乏」となってしまいました。そこで、同僚の結婚式のご祝儀代を出すために足を運びました。

 

・当初はカードローン申し込みに若干抵抗がありましたが、職場の周りの人間や、家族等に心配、迷惑をかけないためにと思い、自己責任で解決できるカードローンを選びました。

 

・カードローンの支払いはコンビニATMでも、銀行のATMでも可能で、借入も返済、ともに簡単に手続きができることに最大のメリットを感じて、申し込むに至りました。

 

・また、法改正や、テレビCMでも多くのカードローン会社、サービスが露出していることもあり、不安要素はあまりありませんでした。

 

・返済にかかる利子、利息については、申し込み当初はよく理解していませんでした。

 

・カードローン会社を選ぶにあたり、設けた基準は「場所」のみでした。

 

・駅の近くにATMがあることや、他行ATMでも返済に対応しているか、でした。

 

・理由は、私は出張が多く、どこからでも銀行のお金の振り込みができる金融期間を選びたかったからです。

 

・カードローンに関していえば、返済に遅れてしまえば、信用も失いますし、大きな利息を取られると考えたからです。

 

・その基準の中で、当時住んでいた駅の最寄りにあったのがプロミスでした。

 

・個室ブースがあり、プライバシーは完全に守られた空間であることも選択の理由でした。

 

・その他、私の当時勤めていた会社の同僚に、元プロミスの方がおり、同社の企業、事業の理念や、働く人々の様子をよくうかがっていたため、サービス業として、同業他社よりも安心して利用できると感じ、同社を選びました。

・モビットも選択肢の1つだったのですが、モビット口コミ.comというサイトを見てやめました。プロミスの方が金利が安かったからです。

・借入を決めてからは、無人受付機のあるブースへ立ち入り、中の説明を受けるままに手続きを進めました。

 

・社員証、その他証明書の準備についても丁寧にガイダンスいただきました。

 

実際に借り入れをすると、「借金」を背負ってしまったのだと、正直、後ろめたい気持ちもありました。

 

・また、月々の返済の明細をみると利息の割合が大きく感じます。

 

・よく、「ご利用は計画的に」と聞きますが、まさにその通りで、返済にはかなりの時間、利息がかかります。

 

・時間をかけたらその分利息もかかってきます。

 

・借入に際し、やむを得ない事情と判断しての申し込みでしたが、個人的な欲を満たすだけの借入は控えようとつくづく感じております。

 

・数字を見ただけでは若干後悔の念もありますが、実際のプロミススタッフの電話での応対、話し方、提案については、非常に丁寧で、好感がもてるものです。

 

・追加の借入、利用上限額の変更についても、もちろんお電話いただきますが、さほどしつこいわけではなく、一度お断りすれば押し付けられることはありません。

 

・利用者の心配、不安、また、不快感を極力最小限に抑えるための教育がなされているのだと感じました。

 

・現在、毎月返済可能な金額を少額ずつ返済しています。今後、追加で借入することは極力ないようにと考えていますが、同社のサービスに不安要素はありませんので、本当に困った際は利用も考えています